責任共有モデルについて

責任共有モデルは、多くのクラウドプロバイダが採用しているフレームワークで、お客様とクラウドサービス提供者とのセキュリティ責任を明確にするためのものです。

 

・GMOグローバルサインの責任
GMOグローバルサインは、GMOトラスト・ログインのインフラとサービスのセキュリティについて責任を負います。また、GMOグローバルサインは、お客様が安全に利用できる機能を提供する責任も負っています。

 

・お客様の責任
お客様は、トラスト・ログイン内での管理と設定を安全に保っていただく責任があります。ユーザー権限の適切な割り当て、従業員が退職した際のアカウント無効化、多要素認証の実施、セキュリティーポリシーの適切な設定、ログレポートの監視・確認などを考慮いただく必要があります。

責任共有モデルについて

責任共有モデルは、多くのクラウドプロバイダが採用しているフレームワークで、お客様とクラウドサービス提供者とのセキュリティ責任を明確にするためのものです。

 

・GMOグローバルサインの責任
GMOグローバルサインは、GMOトラスト・ログインのインフラとサービスのセキュリティについて責任を負います。また、GMOグローバルサインは、お客様が安全に利用できる機能を提供する責任も負っています。

 

・お客様の責任
お客様は、トラスト・ログイン内での管理と設定を安全に保っていただく責任があります。ユーザー権限の適切な割り当て、従業員が退職した際のアカウント無効化、多要素認証の実施、セキュリティーポリシーの適切な設定、ログレポートの監視・確認などを考慮いただく必要があります。