接続元によるワンタイムパスワード利用有無の切替

ワンタイムパスワード(OTP)のオプションを有効にした場合、ログイン時には常にOTPを求められるようになりますが、利用場所によってOTPの要否を切り替えられるようにしていただけると利便性が向上すると思われます。
例えば、社外で利用した場合にのみOTPを必須として、自社内から利用する際にはOTPは不要とするようなイメージです。
つまり、接続元(特定のIPアドレスなど)に応じてセキュリティレベルを判断して、許容するセキュリティレベルの範囲内で利便性を上げることが趣旨となります。

コメント

2件のコメント

  • トラスト・ログインチーム

    リクエストの登録ありがとうございます。

    対応時期は未定ながら"IPアドレス制限"オプションと他のオプションを組み合わせて、指定したIPアドレス以外からのアクセス時は追加認証を要求する機能を追加する予定となっております。

    ご要望の形に添えるようにいたしますので、しばらくお待ちいただけますでしょうか。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    0
  • 星川 真哉

    ご連絡ありがとうございます。

    ご対応のほど、何卒よろしくお願いいたします。

    0