mabl のSAML JIT設定方法

 項目

内容 

事前確認

  • mabl にて事前の設定が必要です。

  • SSOログイン時に、新しいmabl ユーザーとワークスペースが自動的に作成されます。
  • SAML JITによるユーザーの新規作成時、 ユーザーの「姓」「名」「メールアドレス」が同期されます。二回目のログイン以降の自動更新は行われません。

  • 最新の設定手順は、mabl からご提供されているマニュアルをご確認くださいますようお願いいたします。

ネームID

メールアドレス

 

カスタム属性 ※ カスタム属性の設定方法はこちら

SP側の設定

 

管理者様にて設定 

SPへ設定を依頼

プロビジョニング

 

APIによるプロビジョニング対応(トラスト・ログインでアカウント管理可)

SAML JITプロビジョニング対応(トラスト・ログインでアカウント管理可・ユーザー削除不可)

 

なし(各システムでアカウント作成)

アクセス方法

SP-Initiated SSO

IdP-Initiated SSO

デバイス別動作検証状況

PC - ブラウザ

PC - デスクトップアプリ

iOS - 標準ブラウザ (Safari)

iOS - トラスト・ログイン モバイルアプリ 内部ブラウザ

iOS - ネイティブアプリ

Android - 標準ブラウザ (Chrome)

Android - トラスト・ログイン モバイルアプリ 内部ブラウザ

Android - ネイティブアプリ

※クライアント認証をご利用されている場合、PC - デスクトップアプリではSSOができません。

トラスト・ログインの管理ページの設定

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > アプリ」メニューを開き、画面右上の「アプリ登録」ボタンを押します。
    01.png

  2. 「企業アプリ登録」画面で検索し、「mabl (SAML)」を選択します。
    mabl.png


  3. 「IDプロバイダーの情報」 の「メタデータをダウンロード」ボタンからメタデータをダウンロードします。03.png

  4. 「登録」ボタンで保存します。

  5. mabl の担当者へ以下の情報を送付し、SAML設定を依頼してください。また、mabl のシングルサインオンURL 、オーディエンスURIを受け取ります。
    メタデータ トラスト・ログインから控えたメタデータ
    ドメイン SSOを設定するメールアドレスのドメイン名
    ドメインロックの有無 ドメインロックを設定すると、パスワードでのログインができなくなります。詳しくはこちらをご覧ください。

  6. mabl からSAML設定完了の連絡がありましたら、「アプリ管理画面 > SAMLアプリ設定変更」を開き、サービスプロバイダーの設定を行います。
    エンティティID mabl から送付された「オーディエンスURI」
    サービスのACS URL mabl から送付された「シングルサインオンURL」


  7. 「登録」ボタンで保存します。

  8. 現在SAML設定の操作を行っているユーザー(SSOを設定したドメインのユーザー)を「mabl (SAML)」アプリに追加します。
    「管理ページ > アプリ」から「mabl (SAML)」アプリを検索し、「メンバー追加」からユーザーを追加してください。

  9. SAMLの設定が完了したことをmabl の担当者に連絡し、テスト用のログインURLを受け取ります。URLからアクセスし、SSOが成功するかお試しください。SSOが成功したらmabl に報告し、SSOの本運用を開始します。
    ※テスト用のログインURLを受け取った時点では、その他のURL(https://app.mabl.com/login 等)からはログインができません。

トラスト・ログインのユーザーの設定

① ユーザーがマイページで追加する場合

  1. 「マイページ」で「アプリ追加」ボタンを押します。
  2. 「アプリ登録」画面で「mabl (SAML)」を選択し、画面右上の「次へ」ボタンを押します。
  3. 「表示名」を変更する場合は入力し、「登録」ボタンを押します。

②管理者がメンバーを追加する場合

  1. 「管理ページ > アプリ」メニューで「mabl (SAML)」アプリを検索しクリックします。
  2. 「メンバー追加」をクリックし、メンバー一覧から追加するユーザーを選択し「登録」ボタンを押して追加します。

mabl のSAML JIT設定方法

 項目

内容 

事前確認

  • mabl にて事前の設定が必要です。

  • SSOログイン時に、新しいmabl ユーザーとワークスペースが自動的に作成されます。
  • SAML JITによるユーザーの新規作成時、 ユーザーの「姓」「名」「メールアドレス」が同期されます。二回目のログイン以降の自動更新は行われません。

  • 最新の設定手順は、mabl からご提供されているマニュアルをご確認くださいますようお願いいたします。

ネームID

メールアドレス

 

カスタム属性 ※ カスタム属性の設定方法はこちら

SP側の設定

 

管理者様にて設定 

SPへ設定を依頼

プロビジョニング

 

APIによるプロビジョニング対応(トラスト・ログインでアカウント管理可)

SAML JITプロビジョニング対応(トラスト・ログインでアカウント管理可・ユーザー削除不可)

 

なし(各システムでアカウント作成)

アクセス方法

SP-Initiated SSO

IdP-Initiated SSO

デバイス別動作検証状況

PC - ブラウザ

PC - デスクトップアプリ

iOS - 標準ブラウザ (Safari)

iOS - トラスト・ログイン モバイルアプリ 内部ブラウザ

iOS - ネイティブアプリ

Android - 標準ブラウザ (Chrome)

Android - トラスト・ログイン モバイルアプリ 内部ブラウザ

Android - ネイティブアプリ

※クライアント認証をご利用されている場合、PC - デスクトップアプリではSSOができません。

トラスト・ログインの管理ページの設定

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > アプリ」メニューを開き、画面右上の「アプリ登録」ボタンを押します。
    01.png

  2. 「企業アプリ登録」画面で検索し、「mabl (SAML)」を選択します。
    mabl.png


  3. 「IDプロバイダーの情報」 の「メタデータをダウンロード」ボタンからメタデータをダウンロードします。03.png

  4. 「登録」ボタンで保存します。

  5. mabl の担当者へ以下の情報を送付し、SAML設定を依頼してください。また、mabl のシングルサインオンURL 、オーディエンスURIを受け取ります。
    メタデータ トラスト・ログインから控えたメタデータ
    ドメイン SSOを設定するメールアドレスのドメイン名
    ドメインロックの有無 ドメインロックを設定すると、パスワードでのログインができなくなります。詳しくはこちらをご覧ください。

  6. mabl からSAML設定完了の連絡がありましたら、「アプリ管理画面 > SAMLアプリ設定変更」を開き、サービスプロバイダーの設定を行います。
    エンティティID mabl から送付された「オーディエンスURI」
    サービスのACS URL mabl から送付された「シングルサインオンURL」


  7. 「登録」ボタンで保存します。

  8. 現在SAML設定の操作を行っているユーザー(SSOを設定したドメインのユーザー)を「mabl (SAML)」アプリに追加します。
    「管理ページ > アプリ」から「mabl (SAML)」アプリを検索し、「メンバー追加」からユーザーを追加してください。

  9. SAMLの設定が完了したことをmabl の担当者に連絡し、テスト用のログインURLを受け取ります。URLからアクセスし、SSOが成功するかお試しください。SSOが成功したらmabl に報告し、SSOの本運用を開始します。
    ※テスト用のログインURLを受け取った時点では、その他のURL(https://app.mabl.com/login 等)からはログインができません。

トラスト・ログインのユーザーの設定

① ユーザーがマイページで追加する場合

  1. 「マイページ」で「アプリ追加」ボタンを押します。
  2. 「アプリ登録」画面で「mabl (SAML)」を選択し、画面右上の「次へ」ボタンを押します。
  3. 「表示名」を変更する場合は入力し、「登録」ボタンを押します。

②管理者がメンバーを追加する場合

  1. 「管理ページ > アプリ」メニューで「mabl (SAML)」アプリを検索しクリックします。
  2. 「メンバー追加」をクリックし、メンバー一覧から追加するユーザーを選択し「登録」ボタンを押して追加します。