G Suite連携

※ご利用にあたりトラスト・ログインのPROプランかオプションの契約が必要です。料金はこちら

設定手順

1.ドメインの追加

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > 設定 > オプション機能」メニューを開き、「G Suite連携」の「設定」ボタンをクリックします。

    gsuite01.png

  2. 「G Suiteをセットアップ」を開きます。

    gsuite02.png

  3. G Suiteの管理者アカウントでログインします。

    gsuite03.png

  4. G Suite管理者でログイン後、GSuite連携セキュリティ警告画面が表示されます。
    「詳細」→「trustlogin.com(安全ではないページ)に移動」を押下します。gsuite04.png
    gsuite05.png

  5. 「trustlogin.comへの権限の付与」の確認画面が連続で5つ表示されますので、全て「許可」します。

    gsuite06.png

  6. 再度「許可」を押下します。

    gsuite07.png

  7. 「セットアップ完了しました。」のメッセージが表示されたら完了です。G Suite側の登録済みドメインが表示されていることを確認します。(エイリアスは表示されません。)

    gsuite08.png

2.メンバーの割り当て

  1. メンバーの割り当てを行うドメインを選択します。

    gsuite09.png

  2. 「メンバー追加」もしくは「グループ追加」を押し、対象のメンバー(グループ)を選択して追加します。

    gsuite10.png

メンバーが追加されたことを確認します。

gsuite11.png

トラスト・ログインとG Suite連携時、メンバーの情報は以下のようにマッピングします。

トラスト・ログイン G Suite
メールアドレス メールアドレス
電話番号 電話番号(仕事)
都道府県 + 市区町村 + 番地 住所(仕事)
部署 部門

 

【連携の解除後のメンバーのステータスについて】

gsuite17.png

こちらの設定をON(緑の状態)にすると、オプションの連携を解除した際、またはメンバーを割り当てから外した際、G Suite側でメンバー削除されますのでご注意ください。
初期設定ではOFFになっており、トラスト・ログイン側で連携解除・メンバー割り当てを解除してもG Suite側で削除されません。

【トラスト・ログインでメンバーが「停止」ステータスになった際のG suiteの挙動】
G suite側でユーザーが「停止」となりメールの受信が行えなくなります。
セキュリティポリシーの設定」で「未使用アカウントの停止」を設定している場合に、長期休暇などでメンバーがトラスト・ログインへログインしない期間があると「停止」ステータスとなり、メール受信が行われていなかったということが発生いたしますのでご注意ください。

 

3.SSO(SAML)を有効にする

メンバー割り当て後、SSO(SAML)の自動設定を有効にします。

  1. 「G Suite連携」の右の「編集」ボタンを押下し、「SSO(SAML)の自動設定を有効にする」をONにします。

    gsuite12.png

  2. 連携済みメンバーのマイページ上に「GSuite Integration(ドメイン名)」アイコンが表示されますので、ここからSSO認証でGSuiteログイン可能になります。

    gsuite13.png

連携を更新

G Suite側でドメインが追加・削除された場合、連携を更新し最新のドメイン情報を取得します。

  1. 「連携を更新」を押下します。

    gsuite16.png
  2. 設定手順のドメイン追加の3以降同様の手順を行います。

 

連携リセット

G Suiteとトラスト・ログインの連携をリセットする手順です。

  1. 「連携をリセット」を押下します。

    gsuite14.png
  2. 確認のメッセージが表示されますので「OK」を選択します。

    gsuite15.png
  3. 初期状態に戻ったことを確認します。

    gsuite16.png

 

G Suite連携

※ご利用にあたりトラスト・ログインのPROプランかオプションの契約が必要です。料金はこちら

設定手順

1.ドメインの追加

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > 設定 > オプション機能」メニューを開き、「G Suite連携」の「設定」ボタンをクリックします。

    gsuite01.png

  2. 「G Suiteをセットアップ」を開きます。

    gsuite02.png

  3. G Suiteの管理者アカウントでログインします。

    gsuite03.png

  4. G Suite管理者でログイン後、GSuite連携セキュリティ警告画面が表示されます。
    「詳細」→「trustlogin.com(安全ではないページ)に移動」を押下します。gsuite04.png
    gsuite05.png

  5. 「trustlogin.comへの権限の付与」の確認画面が連続で5つ表示されますので、全て「許可」します。

    gsuite06.png

  6. 再度「許可」を押下します。

    gsuite07.png

  7. 「セットアップ完了しました。」のメッセージが表示されたら完了です。G Suite側の登録済みドメインが表示されていることを確認します。(エイリアスは表示されません。)

    gsuite08.png

2.メンバーの割り当て

  1. メンバーの割り当てを行うドメインを選択します。

    gsuite09.png

  2. 「メンバー追加」もしくは「グループ追加」を押し、対象のメンバー(グループ)を選択して追加します。

    gsuite10.png

メンバーが追加されたことを確認します。

gsuite11.png

トラスト・ログインとG Suite連携時、メンバーの情報は以下のようにマッピングします。

トラスト・ログイン G Suite
メールアドレス メールアドレス
電話番号 電話番号(仕事)
都道府県 + 市区町村 + 番地 住所(仕事)
部署 部門

 

【連携の解除後のメンバーのステータスについて】

gsuite17.png

こちらの設定をON(緑の状態)にすると、オプションの連携を解除した際、またはメンバーを割り当てから外した際、G Suite側でメンバー削除されますのでご注意ください。
初期設定ではOFFになっており、トラスト・ログイン側で連携解除・メンバー割り当てを解除してもG Suite側で削除されません。

【トラスト・ログインでメンバーが「停止」ステータスになった際のG suiteの挙動】
G suite側でユーザーが「停止」となりメールの受信が行えなくなります。
セキュリティポリシーの設定」で「未使用アカウントの停止」を設定している場合に、長期休暇などでメンバーがトラスト・ログインへログインしない期間があると「停止」ステータスとなり、メール受信が行われていなかったということが発生いたしますのでご注意ください。

 

3.SSO(SAML)を有効にする

メンバー割り当て後、SSO(SAML)の自動設定を有効にします。

  1. 「G Suite連携」の右の「編集」ボタンを押下し、「SSO(SAML)の自動設定を有効にする」をONにします。

    gsuite12.png

  2. 連携済みメンバーのマイページ上に「GSuite Integration(ドメイン名)」アイコンが表示されますので、ここからSSO認証でGSuiteログイン可能になります。

    gsuite13.png

連携を更新

G Suite側でドメインが追加・削除された場合、連携を更新し最新のドメイン情報を取得します。

  1. 「連携を更新」を押下します。

    gsuite16.png
  2. 設定手順のドメイン追加の3以降同様の手順を行います。

 

連携リセット

G Suiteとトラスト・ログインの連携をリセットする手順です。

  1. 「連携をリセット」を押下します。

    gsuite14.png
  2. 確認のメッセージが表示されますので「OK」を選択します。

    gsuite15.png
  3. 初期状態に戻ったことを確認します。

    gsuite16.png