パスワード認証の設定 ~ActiveDirectoryとトラスト・ログインのパスワードでログインする~

パスワード認証は、トラスト・ログインへ招待したメンバーがトラスト・ログインのIDとパスワードでログインできるようになる機能です。

利用例としては、ActiveDirectory連携や外部IDP連携によってトラスト・ログイン以外のIDとパスワードでトラスト・ログインにログインする場合、こちらの設定を「有効」にすることで、トラスト・ログインに設定したのID・パスワードでもログインできるようになります。「無効」にした場合は、ActiveDirectory、または連携しているIDP(SaaSプロバイダー)のID、パスワードだけでログインできるようになります。

 

  • メンバーの追加時、トラスト・ログインのパスワードを設定させる

デフォルト設定は「有効」になっています。この状態でトラスト・ログインにメンバーを招待すると、パスワードと秘密の質問を登録するためのメールが送信されます。

 

  • メンバーの追加時、トラスト・ログインのパスワードを設定させない

この状態でトラスト・ログインにメンバーを招待すると、受信確認のメールが送信されます。

※この機能はトラスト・ログインへこれから追加するメンバーのパスワードと秘密の質問を登録させない方法です。

 

1. トラスト・ログイン管理画面にログインします。

2. 左のメニューから「設定」を開きます。

3.「オプション機能」画面が開きますので、パスワード認証の「設定」をクリックします。

SKUID__12_.png

 

4. 「編集」をクリックします。

SKUID__13_.png

 

5.「追加メンバーのパスワード」のトグルをオフにします。

SKUID__14_.png

 

6.「保存」ボタンを押して完了です。

 

注意:ActiveDirectory連携やIDP連携を行っていない状態で、この設定後に招待したメンバーはトラスト・ログインにログインできなくなります。この設定を行った後、 ID連携オプションでメンバーの追加設定を行ってください。

 

  • パスワード認証を行うメンバーを設定する

ActiveDirectory連携やIDP連携を行っている状態で、この設定を行うとトラスト・ログインのIDとパスワードでもログインできるようになります。

1. トラスト・ログイン管理画面にログインします。

2. 左のメニューから「設定」を開きます。

3.「オプション機能」画面が開きますので、パスワード認証の「設定」をクリックします。

4.「メンバー追加」または「グループ追加」をクリックします。

SKUID__10_.png

 

 

5.トラスト・ログインのパスワード認証でログインさせたいメンバー・グループを選択し、「登録」をクリックします。

※この登録を押すと対象のメンバーへトラスト・ログインへの招待メールが送信されます。

メンバーはそのメールのURLを開き、トラスト・ログインのログインパスワードと秘密の質問を設定します。

トラスト・ログイン__11_.png

6.これで設定が完了です。

 

対象のメンバーはログインするたびに、トラスト・ログインのパスワードで認証するか、その他のIDで認証するか選択するようになります。

mceclip3.png

  • パスワード認証からメンバーを除外する

ActiveDirectory連携やIDP連携とパスワード認証の両方を行っている状態で、この設定を行うとActiveDirectory連携やIDP連携のみでログインできるようになります。

注意1:ActiveDirectory連携やIDP連携を行っていない状態で、この設定を行うとメンバーはトラスト・ログインにログインできなくなります。この設定を行った後、 ID連携オプションでメンバーの追加設定を行ってください。

注意2:この作業を行うと、対象メンバーのトラスト・ログインのパスワードと秘密の質問は削除されます。再度追加を行うと、トラスト・ログインパスワードを設定する招待メールが流れます。

 

1. トラスト・ログイン管理画面にログインします。

2. 左のメニューから「設定」を開きます。

3.「オプション機能」画面が開きますので、パスワード認証の「設定」をクリックします。

4. 画面下半分のメンバー一覧・グループ一覧で対象のチェックボックスをオンにして「外す」ボタン、またはゴミ箱ボタンで割り当てを解除します。

unassign.png

5.これで設定が完了です。

 

 

 

パスワード認証の設定 ~ActiveDirectoryとトラスト・ログインのパスワードでログインする~

パスワード認証は、トラスト・ログインへ招待したメンバーがトラスト・ログインのIDとパスワードでログインできるようになる機能です。

利用例としては、ActiveDirectory連携や外部IDP連携によってトラスト・ログイン以外のIDとパスワードでトラスト・ログインにログインする場合、こちらの設定を「有効」にすることで、トラスト・ログインに設定したのID・パスワードでもログインできるようになります。「無効」にした場合は、ActiveDirectory、または連携しているIDP(SaaSプロバイダー)のID、パスワードだけでログインできるようになります。

 

  • メンバーの追加時、トラスト・ログインのパスワードを設定させる

デフォルト設定は「有効」になっています。この状態でトラスト・ログインにメンバーを招待すると、パスワードと秘密の質問を登録するためのメールが送信されます。

 

  • メンバーの追加時、トラスト・ログインのパスワードを設定させない

この状態でトラスト・ログインにメンバーを招待すると、受信確認のメールが送信されます。

※この機能はトラスト・ログインへこれから追加するメンバーのパスワードと秘密の質問を登録させない方法です。

 

1. トラスト・ログイン管理画面にログインします。

2. 左のメニューから「設定」を開きます。

3.「オプション機能」画面が開きますので、パスワード認証の「設定」をクリックします。

SKUID__12_.png

 

4. 「編集」をクリックします。

SKUID__13_.png

 

5.「追加メンバーのパスワード」のトグルをオフにします。

SKUID__14_.png

 

6.「保存」ボタンを押して完了です。

 

注意:ActiveDirectory連携やIDP連携を行っていない状態で、この設定後に招待したメンバーはトラスト・ログインにログインできなくなります。この設定を行った後、 ID連携オプションでメンバーの追加設定を行ってください。

 

  • パスワード認証を行うメンバーを設定する

ActiveDirectory連携やIDP連携を行っている状態で、この設定を行うとトラスト・ログインのIDとパスワードでもログインできるようになります。

1. トラスト・ログイン管理画面にログインします。

2. 左のメニューから「設定」を開きます。

3.「オプション機能」画面が開きますので、パスワード認証の「設定」をクリックします。

4.「メンバー追加」または「グループ追加」をクリックします。

SKUID__10_.png

 

 

5.トラスト・ログインのパスワード認証でログインさせたいメンバー・グループを選択し、「登録」をクリックします。

※この登録を押すと対象のメンバーへトラスト・ログインへの招待メールが送信されます。

メンバーはそのメールのURLを開き、トラスト・ログインのログインパスワードと秘密の質問を設定します。

トラスト・ログイン__11_.png

6.これで設定が完了です。

 

対象のメンバーはログインするたびに、トラスト・ログインのパスワードで認証するか、その他のIDで認証するか選択するようになります。

mceclip3.png

  • パスワード認証からメンバーを除外する

ActiveDirectory連携やIDP連携とパスワード認証の両方を行っている状態で、この設定を行うとActiveDirectory連携やIDP連携のみでログインできるようになります。

注意1:ActiveDirectory連携やIDP連携を行っていない状態で、この設定を行うとメンバーはトラスト・ログインにログインできなくなります。この設定を行った後、 ID連携オプションでメンバーの追加設定を行ってください。

注意2:この作業を行うと、対象メンバーのトラスト・ログインのパスワードと秘密の質問は削除されます。再度追加を行うと、トラスト・ログインパスワードを設定する招待メールが流れます。

 

1. トラスト・ログイン管理画面にログインします。

2. 左のメニューから「設定」を開きます。

3.「オプション機能」画面が開きますので、パスワード認証の「設定」をクリックします。

4. 画面下半分のメンバー一覧・グループ一覧で対象のチェックボックスをオンにして「外す」ボタン、またはゴミ箱ボタンで割り当てを解除します。

unassign.png

5.これで設定が完了です。