G Suite のSAML認証の設定方法

※ G Suiteにて事前の設定が必要です。

※ G Suiteにトラスト・ログイン(旧 SKUID)と同じメールアドレスでアカウントを作成しておく必要があります。

※ 最新の設定手順は、G suiteからご提供されているマニュアルをご確認くださいますようお願いいたします。

管理対象のGoogleアカウントに対してシングルサインオンを設定する。https://support.google.com/a/answer/60224?hl=ja

 

トラスト・ログインの管理ページの設定

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > アプリ」メニューを開き、画面右上の「アプリ登録」ボタンを押します。

    gsuite_saml_01.png

  2. 「企業アプリ登録」画面で検索し、「G Suite (SAML PCモバイルアプリ対応版) 」を選択します。

    gsuite_saml_02.png

  3. 「IDプロバイダーの情報」 の「IDプロバイダーURL」を控え、「証明書を取得」を押し証明書をダウンロードしておきます。
    (後ほどG Suite側の設定の際に必要になります。)

    gsuite_saml_03.png

  4. 「サービスプロバイダーの設定」を設定します。

    「ログインURL」「エンティティID」「サービスへのACS URL」の赤枠には [G Suiteのサブドメイン名] を、「ログインURL」の青枠には認証成功後のサービスURLを記入します。

    https://accounts.google.com/a/yoursubdomain/ServiceLogin?continue=https://mail.google.com

    参考例:

    Googleサービス URL
    Gmail                          https://mail.google.com
    Accounts                    https://accounts.google.com  
    Calendar                     https://calendar.google.com
    Google Drive             https://drive.google.com

    G Suiteのサブドメイン名は管理者ページでご確認ください。


    2019-08-01_1_58.png
  5. 「登録」ボタンを押します。

    gsuite_saml_11.png

G Suite の設定

Google管理コンソール にログインします。

  1. メニューから「セキュリティ > 設定」を選択します。

    gsuite_saml_06.png

  2. 「シングルサインオン(SSO)の設定」を選択します。

    gsuite_saml_07.png

  3. 「サードパーティの ID プロバイダで SSO を設定する」にチェックを入れ有効にし、
    上の「トラスト・ログインの管理ページの設定」の 3 で控えた情報と証明書を以下の通り登録・アップロードします。

    G Suite トラスト・ログイン
    ログインページのURL IDプロバイダーURL
    ログアウトページURL

    https://portal.trustlogin.com/

    認証の確認  証明書


    gsuite_saml_08.png

  4. 「保存」をクリックして完了です。

     

 トラスト・ログインのユーザーの設定

① ユーザーがマイページで追加する場合

  1. 「マイページ」で「アプリ追加」ボタンを押します。
  2. 「アプリ登録」画面で「G Suite (SAML PCモバイルアプリ対応版) 」を選択し、画面右上の「次へ」ボタンを押します。
  3. 「表示名」を変更する場合は入力し、「登録」ボタンを押します。
  4. 「マイページ」または「拡張機能」でアプリをクリックし、ログインが成功するかご確認ください。

 

②管理者がメンバーを追加する場合

  1. 「管理ページ > アプリ」メニューで「G Suite (SAML PCモバイルアプリ対応版)」アプリを検索しクリックします。
  2. 「メンバー追加」をクリックし、メンバー一覧から追加するユーザーを選択し「登録」ボタンを押して追加します。

 

G Suite のSAML認証の設定方法

※ G Suiteにて事前の設定が必要です。

※ G Suiteにトラスト・ログイン(旧 SKUID)と同じメールアドレスでアカウントを作成しておく必要があります。

※ 最新の設定手順は、G suiteからご提供されているマニュアルをご確認くださいますようお願いいたします。

管理対象のGoogleアカウントに対してシングルサインオンを設定する。https://support.google.com/a/answer/60224?hl=ja

 

トラスト・ログインの管理ページの設定

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > アプリ」メニューを開き、画面右上の「アプリ登録」ボタンを押します。

    gsuite_saml_01.png

  2. 「企業アプリ登録」画面で検索し、「G Suite (SAML PCモバイルアプリ対応版) 」を選択します。

    gsuite_saml_02.png

  3. 「IDプロバイダーの情報」 の「IDプロバイダーURL」を控え、「証明書を取得」を押し証明書をダウンロードしておきます。
    (後ほどG Suite側の設定の際に必要になります。)

    gsuite_saml_03.png

  4. 「サービスプロバイダーの設定」を設定します。

    「ログインURL」「エンティティID」「サービスへのACS URL」の赤枠には [G Suiteのサブドメイン名] を、「ログインURL」の青枠には認証成功後のサービスURLを記入します。

    https://accounts.google.com/a/yoursubdomain/ServiceLogin?continue=https://mail.google.com

    参考例:

    Googleサービス URL
    Gmail                          https://mail.google.com
    Accounts                    https://accounts.google.com  
    Calendar                     https://calendar.google.com
    Google Drive             https://drive.google.com

    G Suiteのサブドメイン名は管理者ページでご確認ください。


    2019-08-01_1_58.png
  5. 「登録」ボタンを押します。

    gsuite_saml_11.png

G Suite の設定

Google管理コンソール にログインします。

  1. メニューから「セキュリティ > 設定」を選択します。

    gsuite_saml_06.png

  2. 「シングルサインオン(SSO)の設定」を選択します。

    gsuite_saml_07.png

  3. 「サードパーティの ID プロバイダで SSO を設定する」にチェックを入れ有効にし、
    上の「トラスト・ログインの管理ページの設定」の 3 で控えた情報と証明書を以下の通り登録・アップロードします。

    G Suite トラスト・ログイン
    ログインページのURL IDプロバイダーURL
    ログアウトページURL

    https://portal.trustlogin.com/

    認証の確認  証明書


    gsuite_saml_08.png

  4. 「保存」をクリックして完了です。

     

 トラスト・ログインのユーザーの設定

① ユーザーがマイページで追加する場合

  1. 「マイページ」で「アプリ追加」ボタンを押します。
  2. 「アプリ登録」画面で「G Suite (SAML PCモバイルアプリ対応版) 」を選択し、画面右上の「次へ」ボタンを押します。
  3. 「表示名」を変更する場合は入力し、「登録」ボタンを押します。
  4. 「マイページ」または「拡張機能」でアプリをクリックし、ログインが成功するかご確認ください。

 

②管理者がメンバーを追加する場合

  1. 「管理ページ > アプリ」メニューで「G Suite (SAML PCモバイルアプリ対応版)」アプリを検索しクリックします。
  2. 「メンバー追加」をクリックし、メンバー一覧から追加するユーザーを選択し「登録」ボタンを押して追加します。