3. Office 365連携(メンバーの追加/削除)

※SAML認証はWEBブラウザ、outlookなどデスクトップ版アプリ、モバイル版アプリで利用できます。

 

メンバー追加
メンバー削除

事前確認

(!)連携前にトラスト・ログインのメンバーのIDとOffice 365のユーザー名を一致させる必要があります。

連携動作一覧

Office 365ユーザー トラスト・ログインユーザー 連携動作
すでにアカウントが存在        
aaa@example.com

Office 365ユーザーとユーザー名

一致        
aaa@example.com

連携が完了し、トラスト・ログインのアカウント情報がOffice 365に連携されます。
aaa@example.com
すでにアカウントが存在 
aaa@example.com

Office 365ユーザーとユーザー名

不一致
aac@example.com

Office 365へ連携されないため、Office 365ユーザー(aaa@example.com)はそのまま残りますが、トラスト・ログインの管理下となりません。

また、トラスト・ログインのユーザー名(aac@example.com)でOffice 365ユーザーが新規作成されます。

アカウントが存在しない

-

新規アカウント作成

abc@example.com

Office 365へ連携され、新規のOffice 365ユーザー(abc@example.com)が作成されます。

 

  Office 365とトラスト・ログインのドメイン名が異なる場合には以下の動作となります。

Office 365ユーザー トラスト・ログインユーザー 連携動作

すでに「example.com」ドメインに

アカウントが存在        
aaa@example.com

Office 365ドメイン名とトラスト・ログインユーザー名のドメイン名

不一致
aaa@forexample.com

連携が完了し、トラスト・ログインのアカウント情報がOffice 365に連携されます。
aaa@forexample.com

「example.com」ドメインは連携されないため、Office 365ユーザー(aaa@example.com)はそのまま残りますが、トラスト・ログインの管理下となりません。

メンバー追加

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > 設定 > オプション機能」メニューを開き、「Office 365連携」の「設定」ボタンをクリックします。

    01.png

  2. メンバー割り当ては「ドメイン名」「ライセンス」毎に割り当てます。
    ※同じメンバーへ複数ドメイン名、複数ライセンスの割り当てが可能です。(Office 365のライセンスはその分消費されます)
    ※トラスト・ログインのメンバー名の  「username@domain」   のusername + 割当先のOfficeドメイン名でOfficeユーザーが作成されます。

    対象のドメイン名をクリックします。

    office365-2.png

  3. 対象ドメイン名に紐づいたライセンス一覧が表示されます。割り当てたいライセンスをクリックします。

    office365-3.png

  4. 右上に表示された「メンバー追加」をクリックします。(「グループ追加」でグループごと割り当てることもできます。)

    office365-4.png

  5. 追加するメンバーにチェックを入れ、「登録」ボタンをクリックします。

    03.png

  6. メンバーが追加されたことを確認します。

    04.png

  7. Microsoft 365管理センター上で、メンバーがプロビジョニング登録されます。

    30.png

    ※  トラスト・ログインのOffice 365の設定画面において「Office 365での表示名の表示順を姓・名にする」がオフ(グレー)になっている場合、Office 365側の「表示名」が「名・姓」の順序表記で同期されます。これを変更する場合は以下の手順でご変更ください。

        12.png

     ① 変更したいユーザーを選択します。
      08.png

     ②「連絡先情報の管理」を開きます。
      09.png

     ③ 「表示名」を「姓・名」の順に変更します。
      10.png

     ④ 表示名が変更されていることを確認します。
         11.png

  8. AzureActiveDirectoryポータル上で、メンバーがプロビジョニング同期登録されます。

    31.png


  9. 追加されたメンバーの「マイページ」に「Office 365」アプリが追加されていることを確認します。

    ※対象ドメイン名のSAML連携がONの状態のみ、割当済みのユーザーのマイページにOffice 365 SAMLアプリのアイコンが表示されます。

    12.png

  10. アプリをクリックするとSAML認証でログインします。

    13.png


メンバー削除

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > 設定 > オプション機能」メニューを開き、「Office 365連携」の「設定」ボタンをクリックします。
     
    01.png

  2. 削除するメンバーを割り当てている対象ドメイン名、ライセンスを選択します。
    ※複数のドメイン名、ライセンスに割り当てをしている場合はそれぞれで削除する必要があります。

    office365-2.png
    office365-3.png

  3. 削除するメンバーにチェックを入れ、「外す」ボタンをクリックします。

    05.png

  4. 「はい」をクリックします。

    06.png

  5. メンバーが削除されていることを確認します。
    07.png

  6. Microsoft365管理センターにて、メンバーがアクティブなユーザーから消え、削除済みのユーザーに表示されています。
    ※反映にお時間がかかる場合があります。

    27.png


  7. AzureActiveDirectory(以下AD)ポータル上で、メンバーが削除され、削除済みメンバーに同期されています。

    28.png

3. Office 365連携(メンバーの追加/削除)

※SAML認証はWEBブラウザ、outlookなどデスクトップ版アプリ、モバイル版アプリで利用できます。

 

メンバー追加
メンバー削除

事前確認

(!)連携前にトラスト・ログインのメンバーのIDとOffice 365のユーザー名を一致させる必要があります。

連携動作一覧

Office 365ユーザー トラスト・ログインユーザー 連携動作
すでにアカウントが存在        
aaa@example.com

Office 365ユーザーとユーザー名

一致        
aaa@example.com

連携が完了し、トラスト・ログインのアカウント情報がOffice 365に連携されます。
aaa@example.com
すでにアカウントが存在 
aaa@example.com

Office 365ユーザーとユーザー名

不一致
aac@example.com

Office 365へ連携されないため、Office 365ユーザー(aaa@example.com)はそのまま残りますが、トラスト・ログインの管理下となりません。

また、トラスト・ログインのユーザー名(aac@example.com)でOffice 365ユーザーが新規作成されます。

アカウントが存在しない

-

新規アカウント作成

abc@example.com

Office 365へ連携され、新規のOffice 365ユーザー(abc@example.com)が作成されます。

 

  Office 365とトラスト・ログインのドメイン名が異なる場合には以下の動作となります。

Office 365ユーザー トラスト・ログインユーザー 連携動作

すでに「example.com」ドメインに

アカウントが存在        
aaa@example.com

Office 365ドメイン名とトラスト・ログインユーザー名のドメイン名

不一致
aaa@forexample.com

連携が完了し、トラスト・ログインのアカウント情報がOffice 365に連携されます。
aaa@forexample.com

「example.com」ドメインは連携されないため、Office 365ユーザー(aaa@example.com)はそのまま残りますが、トラスト・ログインの管理下となりません。

メンバー追加

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > 設定 > オプション機能」メニューを開き、「Office 365連携」の「設定」ボタンをクリックします。

    01.png

  2. メンバー割り当ては「ドメイン名」「ライセンス」毎に割り当てます。
    ※同じメンバーへ複数ドメイン名、複数ライセンスの割り当てが可能です。(Office 365のライセンスはその分消費されます)
    ※トラスト・ログインのメンバー名の  「username@domain」   のusername + 割当先のOfficeドメイン名でOfficeユーザーが作成されます。

    対象のドメイン名をクリックします。

    office365-2.png

  3. 対象ドメイン名に紐づいたライセンス一覧が表示されます。割り当てたいライセンスをクリックします。

    office365-3.png

  4. 右上に表示された「メンバー追加」をクリックします。(「グループ追加」でグループごと割り当てることもできます。)

    office365-4.png

  5. 追加するメンバーにチェックを入れ、「登録」ボタンをクリックします。

    03.png

  6. メンバーが追加されたことを確認します。

    04.png

  7. Microsoft 365管理センター上で、メンバーがプロビジョニング登録されます。

    30.png

    ※  トラスト・ログインのOffice 365の設定画面において「Office 365での表示名の表示順を姓・名にする」がオフ(グレー)になっている場合、Office 365側の「表示名」が「名・姓」の順序表記で同期されます。これを変更する場合は以下の手順でご変更ください。

        12.png

     ① 変更したいユーザーを選択します。
      08.png

     ②「連絡先情報の管理」を開きます。
      09.png

     ③ 「表示名」を「姓・名」の順に変更します。
      10.png

     ④ 表示名が変更されていることを確認します。
         11.png

  8. AzureActiveDirectoryポータル上で、メンバーがプロビジョニング同期登録されます。

    31.png


  9. 追加されたメンバーの「マイページ」に「Office 365」アプリが追加されていることを確認します。

    ※対象ドメイン名のSAML連携がONの状態のみ、割当済みのユーザーのマイページにOffice 365 SAMLアプリのアイコンが表示されます。

    12.png

  10. アプリをクリックするとSAML認証でログインします。

    13.png


メンバー削除

  1. トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > 設定 > オプション機能」メニューを開き、「Office 365連携」の「設定」ボタンをクリックします。
     
    01.png

  2. 削除するメンバーを割り当てている対象ドメイン名、ライセンスを選択します。
    ※複数のドメイン名、ライセンスに割り当てをしている場合はそれぞれで削除する必要があります。

    office365-2.png
    office365-3.png

  3. 削除するメンバーにチェックを入れ、「外す」ボタンをクリックします。

    05.png

  4. 「はい」をクリックします。

    06.png

  5. メンバーが削除されていることを確認します。
    07.png

  6. Microsoft365管理センターにて、メンバーがアクティブなユーザーから消え、削除済みのユーザーに表示されています。
    ※反映にお時間がかかる場合があります。

    27.png


  7. AzureActiveDirectory(以下AD)ポータル上で、メンバーが削除され、削除済みメンバーに同期されています。

    28.png