モバイルアプリ 「トラスト・ログイン」

モバイルアプリのご利用にはトラスト・ログインのアカウントが必要です。
アカウントをお持ちの方はログインしてください。 

ログインアカウントをお持ちでない方は、PCで初期登録(無料)とご利用アプリのログイン情報の登録をしてからご利用ください。

トラスト・ログインのモバイルアプリは2種類あります。 「トラスト・ログイン」と「トラスト・ログイン クラシック」です。

「トラスト・ログイン」と「トラスト・ログイン クラシック」の違い

  対応するOSのバージョン 機能の違い  
トラスト・ログイン

iOS 12.0 以上

Android 7.0 以上

iCloud キーチェーン、オートフィルと同様に、

各種アプリ・ブラウザからのサービスログイン

時に、ID/パスワードを自動入力します。

詳細 〉

トラスト・ログイン

クラシック

iOS 10.0 以上

Android 5.0 以上

本アプリで提供するブラウザ内でのサービス

ログイン時に、ID/パスワードを自動入力します。

詳細 〉

 

iOS版をご利用のお客様(iOS 12.0 以上)

exclamation_1x.png  ご利用時に以下の2ステップを必ず行ってください。

ステップ1. iOSの事前設定 >

ステップ2. アプリやブラウザでトラスト・ログインを選択 >

 

動画での説明はこちら



 ステップ1.iOSの事前設定

ブラウザでシングルサインオンを実行するには、パスワード自動入力の設定が必要です。
設定 > パスワードとアカウント > パスワードを自動入力 > TrustLoginをオンにします。

how_to_activate_new.png

ステップ2.アプリやブラウザで自動入力を利用する

※アプリにログイン後、以下の画面が表示がされた場合「再表示しない」にチェックし「×」で閉じてください。(初回時のみ。以降は表示されません。)


IMG_8792.png


① アプリリストからログインする場合

アプリにログインし「マイページ」を押すと、アプリリストが開きますので対象のページを選択し、「"○○○" を使用」ボタンを押します。



how_to_pw_new2.png



② 開いたページで自動入力を利用する場合
開いたページのドメインに一致する情報がトラスト・ログインにある場合、QuickTypeバーに候補が直接表示されます。 複数該当する候補を表示する場合は、QuickTypeバーのカギアイコンをタップした直後のリストに表示されるようになります。

how_to_pw_new1.png

ステップ3.Touch ID/Face IDを利用する

シングルサインオンをする際にTouch ID/Face IDを利用した認証を行います。 自動入力時にTouch ID/Face IDを必要とすることで認証がより強固になります。

初期設定ではONになっているため、Touch ID/Face IDを利用しない場合は以下の操作でOFFに設定します。

■開いたページのQuickTypeバーからの自動入力:
設定>Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)>パスワードの自動入力
■TrustLoginアプリのリスト一覧からのシングルサインオン:
設定>Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)>その他のApp


faceid.png

 

アプリリストからBASIC認証を絞り込む

ブラウザアプリから自動入力するID/パスワードをアプリリストから選択する際に、BASIC認証のみを絞り込むことができます。

iOSではBASIC認証の対象サイトをドメインで絞り込むことができないため、全てのアプリが表示されてしまいますが、本機能により表示されるアプリがBASIC認証のみとなるため、多くのアプリから選択する手間を省くことができます。

 

 オプション機能

ログイン時のオプションとして、各種トラスト・ログインオプション機能に対応しています。

  • ActiveDirectory連携
  • 外部IDP連携
  • IPアドレス制限
  • ワンタイムパスワード
  • クライアント認証
  • SCIM IDP連携

login_mobile_new.png

 

アカウントへのログイン、ブラウザでのシングルサインオンができないとき

まれに、「アカウント選択」のアカウントをタップした際に、404ページが表示される場合があります。その際には以下の手順を行ってください。

  1. 「トラスト・ログイン」をアンインストールします。
  2. iOSを再起動します。
  3. 「トラスト・ログイン」を再インストールします。
  4. ブラウザアプリからこちら(https://trustlogin.com/mobile)へアクセスします。
  5. 表示された404ページの画面を下にドラッグし「開く」をタップします。

    how_to_fix_new.png

     
  6. 再度「トラスト・ログイン」モバイルアプリからログインします。

 以上の手順でもログインが問題解決されない場合、お問い合わせへご連絡ください。


Androidをご利用のお客様(Android 7.0 以上 )

exclamation_1x.png  ご利用時に以下の2ステップを必ず行ってください。

ステップ1.Androidの事前設定

①トラスト・ログインを他アプリの上に重ねて表示することを許可します。
設定>アプリと通知>TrustLogin>詳細設定 他のアプリの上に重ねて表示できるようにする をオンにします。


Android1_02.png


②ユーザー補助でトラスト・ログインの使用を許可します。
設定>ユーザー補助>TrustLogin>サービスの使用 をオンにします。


Android1_01.png

 

ステップ2.自動入力を利用する


① アプリリストからログインする場合

アプリにログインし、アプリリストから対象のアプリを選択します。


Android01.png


② 開いたページで自動入力を利用する場合
開いたページのドメインに一致する情報がトラスト・ログインにある場合、「自動入力」ボタンが表示されます。複数該当する候補がある場合は、右図のようにリスト表示されますので、ログインしたいアカウントを選択します。


Android02.png

 

※AndroidのThirdPartyアプリでトラスト・ログインのログイン機能が利用可能なアプリは以下の通りです。(Chromeでは他のアプリも利用できます。)

Adobe Acrobat Reader
Amazon Shopping
Chatwork
Cookpad
Dropbox
Eight
Evernote
Facebook
Facebook Lite
Facebook Messenger
freee
Gmail
Google
Google Analytics
Google Classroom
Google Docs
Google Drive
Google Earth
Google Keep
Google Maps
Google News
Google Photo
Google Slides
Google Spreadsheets
Google ToDo List
Google Translate
Instagram
Kindle
LINE WORKS
LINE@
LinkedIn SlideShare
Microsoft Excel
Microsoft Office Lens
Microsoft OneDrive
Microsoft OneNote
Microsoft Outlook
Microsoft PowerPoint
Microsoft SharePoint
Microsoft Teams
Microsoft To Do
Microsoft Word
Pinterest
Pocket
Sansan
Trello
Tumblr
Twitter
Wantedly People
Workplace by Facebook
Wunderlist
Yahoo! Finance
Yahoo! JAPAN
Yahoo! Mail
Yahoo! MAP
Yahoo! News
Yahoo! Transit
Yahoo! Weather
Yammer
YouTube

 

モバイルアプリ 「トラスト・ログイン」

モバイルアプリのご利用にはトラスト・ログインのアカウントが必要です。
アカウントをお持ちの方はログインしてください。 

ログインアカウントをお持ちでない方は、PCで初期登録(無料)とご利用アプリのログイン情報の登録をしてからご利用ください。

トラスト・ログインのモバイルアプリは2種類あります。 「トラスト・ログイン」と「トラスト・ログイン クラシック」です。

「トラスト・ログイン」と「トラスト・ログイン クラシック」の違い

  対応するOSのバージョン 機能の違い  
トラスト・ログイン

iOS 12.0 以上

Android 7.0 以上

iCloud キーチェーン、オートフィルと同様に、

各種アプリ・ブラウザからのサービスログイン

時に、ID/パスワードを自動入力します。

詳細 〉

トラスト・ログイン

クラシック

iOS 10.0 以上

Android 5.0 以上

本アプリで提供するブラウザ内でのサービス

ログイン時に、ID/パスワードを自動入力します。

詳細 〉

 

iOS版をご利用のお客様(iOS 12.0 以上)

exclamation_1x.png  ご利用時に以下の2ステップを必ず行ってください。

ステップ1. iOSの事前設定 >

ステップ2. アプリやブラウザでトラスト・ログインを選択 >

 

動画での説明はこちら



 ステップ1.iOSの事前設定

ブラウザでシングルサインオンを実行するには、パスワード自動入力の設定が必要です。
設定 > パスワードとアカウント > パスワードを自動入力 > TrustLoginをオンにします。

how_to_activate_new.png

ステップ2.アプリやブラウザで自動入力を利用する

※アプリにログイン後、以下の画面が表示がされた場合「再表示しない」にチェックし「×」で閉じてください。(初回時のみ。以降は表示されません。)


IMG_8792.png


① アプリリストからログインする場合

アプリにログインし「マイページ」を押すと、アプリリストが開きますので対象のページを選択し、「"○○○" を使用」ボタンを押します。



how_to_pw_new2.png



② 開いたページで自動入力を利用する場合
開いたページのドメインに一致する情報がトラスト・ログインにある場合、QuickTypeバーに候補が直接表示されます。 複数該当する候補を表示する場合は、QuickTypeバーのカギアイコンをタップした直後のリストに表示されるようになります。

how_to_pw_new1.png

ステップ3.Touch ID/Face IDを利用する

シングルサインオンをする際にTouch ID/Face IDを利用した認証を行います。 自動入力時にTouch ID/Face IDを必要とすることで認証がより強固になります。

初期設定ではONになっているため、Touch ID/Face IDを利用しない場合は以下の操作でOFFに設定します。

■開いたページのQuickTypeバーからの自動入力:
設定>Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)>パスワードの自動入力
■TrustLoginアプリのリスト一覧からのシングルサインオン:
設定>Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)>その他のApp


faceid.png

 

アプリリストからBASIC認証を絞り込む

ブラウザアプリから自動入力するID/パスワードをアプリリストから選択する際に、BASIC認証のみを絞り込むことができます。

iOSではBASIC認証の対象サイトをドメインで絞り込むことができないため、全てのアプリが表示されてしまいますが、本機能により表示されるアプリがBASIC認証のみとなるため、多くのアプリから選択する手間を省くことができます。

 

 オプション機能

ログイン時のオプションとして、各種トラスト・ログインオプション機能に対応しています。

  • ActiveDirectory連携
  • 外部IDP連携
  • IPアドレス制限
  • ワンタイムパスワード
  • クライアント認証
  • SCIM IDP連携

login_mobile_new.png

 

アカウントへのログイン、ブラウザでのシングルサインオンができないとき

まれに、「アカウント選択」のアカウントをタップした際に、404ページが表示される場合があります。その際には以下の手順を行ってください。

  1. 「トラスト・ログイン」をアンインストールします。
  2. iOSを再起動します。
  3. 「トラスト・ログイン」を再インストールします。
  4. ブラウザアプリからこちら(https://trustlogin.com/mobile)へアクセスします。
  5. 表示された404ページの画面を下にドラッグし「開く」をタップします。

    how_to_fix_new.png

     
  6. 再度「トラスト・ログイン」モバイルアプリからログインします。

 以上の手順でもログインが問題解決されない場合、お問い合わせへご連絡ください。


Androidをご利用のお客様(Android 7.0 以上 )

exclamation_1x.png  ご利用時に以下の2ステップを必ず行ってください。

ステップ1.Androidの事前設定

①トラスト・ログインを他アプリの上に重ねて表示することを許可します。
設定>アプリと通知>TrustLogin>詳細設定 他のアプリの上に重ねて表示できるようにする をオンにします。


Android1_02.png


②ユーザー補助でトラスト・ログインの使用を許可します。
設定>ユーザー補助>TrustLogin>サービスの使用 をオンにします。


Android1_01.png

 

ステップ2.自動入力を利用する


① アプリリストからログインする場合

アプリにログインし、アプリリストから対象のアプリを選択します。


Android01.png


② 開いたページで自動入力を利用する場合
開いたページのドメインに一致する情報がトラスト・ログインにある場合、「自動入力」ボタンが表示されます。複数該当する候補がある場合は、右図のようにリスト表示されますので、ログインしたいアカウントを選択します。


Android02.png

 

※AndroidのThirdPartyアプリでトラスト・ログインのログイン機能が利用可能なアプリは以下の通りです。(Chromeでは他のアプリも利用できます。)

Adobe Acrobat Reader
Amazon Shopping
Chatwork
Cookpad
Dropbox
Eight
Evernote
Facebook
Facebook Lite
Facebook Messenger
freee
Gmail
Google
Google Analytics
Google Classroom
Google Docs
Google Drive
Google Earth
Google Keep
Google Maps
Google News
Google Photo
Google Slides
Google Spreadsheets
Google ToDo List
Google Translate
Instagram
Kindle
LINE WORKS
LINE@
LinkedIn SlideShare
Microsoft Excel
Microsoft Office Lens
Microsoft OneDrive
Microsoft OneNote
Microsoft Outlook
Microsoft PowerPoint
Microsoft SharePoint
Microsoft Teams
Microsoft To Do
Microsoft Word
Pinterest
Pocket
Sansan
Trello
Tumblr
Twitter
Wantedly People
Workplace by Facebook
Wunderlist
Yahoo! Finance
Yahoo! JAPAN
Yahoo! Mail
Yahoo! MAP
Yahoo! News
Yahoo! Transit
Yahoo! Weather
Yammer
YouTube